top of page

n e w s

WATERCOLOR WORKS「透明な日」岡美里 水彩画展

WATERCOLOR WORKS「透明な日」

岡美里 水彩画展


2024.06.20(thu)-26(wed)

12:00-19:00 (最終日12:00-17:00)


WATERCOLOR WORKS「透明な日」


晴れた日、部屋の窓を拭き上げたときの心持ちをそのまま絵にしてみたかった。


透明な硝子が白くくすんでゆくのを見ぬふりして過ごした

日常の小さな怠惰を帳消しにする清々しさ、

そんなものを紙に定着さたらどうだろ・・・

そうした思いつきから水彩による実験が出発した。


磨かれた窓のすぐそばに積まれたた硝子のシンプルなボウルやコップは、

それだけでどんな芸術作品にも劣らない不思議な力で私の目を惹きつける。

また、宵闇に消える「透明な色」のはかなさを表すのにも、

水彩絵具の性質はうってつけだった。


いつも使っている絵具の顔料は、天然の土や鉱物を粉になるまで細かく砕いたものだ。

支持体であるコットン紙もまた植物由来であるし、筆はイタチの毛、

そうした自然から借りてきた物を使い、陽の届く時間帯にのみ、

拭き上げられた窓の傍で日用品を描く行為は、

なにか自分が自然の中に少しずつ溶け出してゆく錯覚がするのです。


Comentários


bottom of page